XenApp & XenDesktop 7.14で追加された新機能「マルチタイプライセンス」とは?

2017年5月にリリースされたXenApp & XenDesktop 7.14で追加された新機能の中に「マルチタイプライセンス」があります。これは通常の製品ライセンス指定と何が違い、どのような事を実現できるのでしょうか?本ブログでは、実際の設定方法や想定されるユースケースについて紹介します。

Q. 「マルチタイプライセンス」とは?

A. 一つのXenApp/XenDesktopサイトの中で ”同時接続” と “ユーザーデバイス” ライセンスを共存させる機能です。

01

それでは「マルチタイプライセンス」についてもう少し詳しく説明しましょう。

  •  サイト自体に対するライセンスを指定した上で、特定のデリバリーグループに別のライセンスを割り当てて利用
  •  同一サイト上でXenAppライセンス / XenDesktopライセンスの混在も可能
  •  XenAppライセンスおよびXenDesktopの同時接続、ユーザーデバイスライセンスの3種混在も可能
  •  設定や確認はPowerShellで実施
  •  製品種別(Product Code)(※1)とライセンスタイプ(同時接続・ユーザーデバイスライセンス)を指定

(※1) XenDesktopは「XDT」、XenAppは「MPS」です。余談ですが、「MPS」はシトリックス歴の長い方にはお馴染みのMetaFrame Presentation Server (3.0)の事ですね。バージョン3.0より現在のようなライセンスサーバーによるライセンス管理の方式となったため、このようなProduct Codeとなっています。



○条件や注意点

  •  製品種別に関わらず同一エディションであること

    ⇒残念ながらAdvancedとEnterpriseなどの混在構成には対応していません。
  •  個々のデリバリーグループとライセンスファイルを紐付けるものではない

    ⇒分割発行した同一製品ライセンスをデリバリーグループ毎に割り当てるといった使い方は出来ません。よって、本機能でデリバリーグループ毎に同時セッション数上限をかけるといった用途には適合しません。
  •  ライセンスが二重消費される利用シナリオがある

    ⇒ユーザーデバイスライセンスを取得しているユーザーアカウントや端末から、同時接続ライセンスが割り当てられているデリバリーグループのリソースに接続した場合等(ダブルホップ接続のケースも含みます)には二重消費されます。
  •  Studioのライセンス管理メニューで確認出来るライセンス使用状況は、サイト自体に指定した製品/エディションのライセンスのみ


  

Related Stories

XenApp & XenDesktop 7.14で追加された新機能「マルチタイプライセンス」とは? syndicated from http://ift.tt/2liIz0K

Advertisements

Author: antoniumamaliz

3.I am a young energetic mind with a keen interest in technology and digital life. I also have deep understanding on system security and actively works on this. I also maintain private group with hundreds of members catering to various sub niches of technology like Internet, Digital marketing , computer peripherals, Network security, e-commerce, medical technologic advantage etc. I follow many leading technology blog and will keep you updated with the development.